このエントリーをはてなブックマークに追加 あとで読む

韓国語を学ぶなら

韓国との歴史問題や領土問題がニュースになったりしますが、日本では相変わらず韓流ブームが話題になっているようです。

それで韓国ドラマを吹き替えなしで見たいという方や、韓国旅行に行ってみたいという方は後を断ちません。
では韓国語の勉強方法として、どのような方法がオススメできるのでしょうか。
まず勉強というと、書店でテキストを選ぶところから始めることができるでしょう。
韓国語テキストの中でどれを買って良いのか迷ってしまうこともあるかもしれませんが、これから勉強しようとするのであればほとんどが初心者向けですので、どれを選んでもほぼ違いはないでしょう。
しかしテキストを選ぶ際に抑えておきたいポイントとしては、ハングルの読み方から解説のあるもの、またCDのついているものもオススメです。

あまりに厚いものはやる気が削がれてしまいますし、かとって会話集や旅行ガイドブックのようなものでは、あまり勉強にはならないかもしれません。
また韓国語を勉強するにあたって、多くの方が利用されているのがNHKのラジオ講座です。

毎日聞くことができる環境の方は勉強しやすいといえるでしょう。
仕事があったりして勉強が難しいというのであれば、テキストと一緒に毎月CDを買って講座についていくとよいでしょう。
さらにどのような語学を学ぶにしても辞書は欠かすことができません。
日本で手に入る韓−日辞典にはかなりの種類がありますが、なかでもオススメできるのが小学館の「朝鮮語辞典」です。

ややサイズが大きくなってしまうのが難点ですが、家で勉強するのがメインであれば手に入れておいても損はないでしょう。
また会社や学校など、持ち運びが多いのであれば電子辞書などがオススメですし、最近ではスマートフォンのアプリなども充実してきていますので、それらを利用するのもひとつの方法です。

しかしこれらの書面での勉強というのは限界もあるので、やはり韓国人の友人などを作って実際に話してみるというのが確実です。

新宿などの韓国人留学生が多いところでは、韓国語勉強会や、日韓交流会を行っている団体もありますので、インターネットなどでそのようなサークルに参加してみるのもひとつの方法でしょう。
また近所にそのようなサークルがなかったとしても、日韓のメル友サイトなどを活用して韓国人の友人を探すことができるでしょう。
どのような語学の勉強でもそうですが、地道に勉強していってこそ成果がでてくるといえます。
Copyright (C)2017英語以外の語学の習得方法.All rights reserved.