このエントリーをはてなブックマークに追加 あとで読む

語学留学での注意点

よく芸能人のかたなどが語学留学に行くというのがニュースになったりしていますが、語学留学をすれば自動的に、外国語が話せるようになるわけではありません。
なかには数ヶ月である程度話せるようになると期待していたものの、現地に行ってもなかなか上達しないことにがっかりしてしまった方は少なくありません。
例えば英語の「R」の音が発音できるまで一年かかったという人もいれば、結局マスターできずに帰国してしまったというかたもいます。
個人の能力も関係していますが、自分にあった努力をしていくことが語学留学には必須になってきます。
また日本人にありがちなケースは、受け身での勉強になってしまうという点です。

せっかく海外にいるのに、現地の人とはほとんど話さなかったり、授業中もあまり発言しないというのでは、会話力をあげることはできません。
間違いをおそれずにとにかく話してみるというのが、語学留学には必要です。

また留学生同士仲良くなるというのは良いことなのですが、留学生同士というのは、下手な英語でも通じるのでどうしても馴れ合いになってしまうのも避けたい点です。

ネイティブスピーカーと話さないことには、やはり言語は上達しませんし、言語の上達を目的として留学しているわけですので、その点を意識してみましょう。
また留学をして少し慣れてくると、自分でも上達した気になってしまい、ネイティブのように早い言葉で話してしまうという方もいます。
たしかに文法や発音に問題がないのであれば、早く話してもよいのですが、それらがいい加減でただ言葉が早いだけであれば、ただ単に聞き取りにくいだけになってしまいますし、言語の向上も止まってしまうでしょう。
またそれぞれの言語において、そのレベルをはかるテストというものがありますが、このスコアアップだけをめざして勉強するというのもあまり良い傾向ではありません。
極端にいえばスコアアップだけの勉強だけであれば、日本でも十分におこなうことができます。
語学留学というのは、その国にいって教科書では学ぶことができない、よりリアルな言語を学ぶことが醍醐味であるわけですので、それらのテストは日本に帰ってから勉強するというようなスタンスのほうが良いかもしれません。
このように言語留学といっても、自分で工夫をしたり努力をすることが欠かせません。
学校選びなども事前に慎重に行うべきですが、自分の勉強方法などを見なおしておくというのも良い方法です。

Copyright (C)2017英語以外の語学の習得方法.All rights reserved.